介護の現場を見て・・・

ヘルパーや介護福祉士の仕事では、キャリアアップを見込める可能性が高いのではないかと考えられています。若い年代のうちからこのような仕事を進めていくことによって、着実に希望通りのキャリアアップを実現できるのではないかと推測されています。近年では、ヘルパーの仕事や介護福祉士の職業は必要とされる傾向が強く見受けられるようになってきているため、こうした状況が多方面で確認されているのではないでしょうか。意欲的に様々なところで活躍していきたいと希望する人や、キャリアアップを実現させていきたい人は、ヘルパーや介護福祉士などの仕事を選択していくとこが望ましいのではないかと思います。
近年は多くの地域でこの傾向が確認されるようになり、ヘルパーや介護福祉士の仕事を通じて様々な職務経験を蓄積できるようになり始めています。早い段階からキャリアを形成していきたい人が、こうした仕事を選択する状態も普遍的になってきているとみられていることから、多方面で関心が寄せられているのではないかとみられています。介護福祉士の資格を有したり、ヘルパーとして活躍したりする人を必要とする職場もこのすうるんで飛躍的に増加しているのではないかと考えられており、キャリアアップを果たせる環境が着実に増加しているのではないかと推測されています。そのため、今後もこうした仕事を通じてキャリアアップを実現させることのできる人が、更に多くなっていくのではないかと見込まれています。

続きを読む≫ 2016/04/17 15:53:17

介護福祉士の仕事の一つとして、おむつ介助があります。
そのおむつ介助は、度々行うことが必要となってきます。
そしてその時に、とても注意をして行うことが何点かあるのです。

 

その一つに、そのおむつ介助をする時に、声かけをするということです。
おむつ介助をする人の中には、意識が朦朧としている人もあります。
寝たきりになっている人の場合は、ほとんど意識が朦朧としているのです。
しかし、そのようになっているからと言って、そのままおむつ交換をするというのはいけないことなのです。

 

それは一人の人間として、尊厳をすることが大事ということです。
そのおむつ交換をされるというのは、とても辛いことと認識をするということです。
自分がされると思うと、とても恥ずかしいという思いがありますね。
その気持ちを配慮して行うことが大切となります。

 

おむつ交換をする時に、声を掛けるというのはその気持ちを察して行うということになります。
いきなり行うとなると、その人が困ってしまうのです。
寝たきりになっている人でも、感情はしっかりとあります。
そのため、その気持ちを理解して行うことが大切なのです。
言葉に発することができないお年寄りでも、心の中では感じ取っているのです。
恥ずかしい、申し訳ないという気持ちを持っています。
そしてその気持ちがあるということを理解しながら行うようにします。

 

また、皮膚の観察も大切となってきます。
赤くなったり、皮膚がおかしいと思った時には、看護師に報告をします。

続きを読む≫ 2016/03/27 15:07:27 09

ヘルパーの仕事は今後の少子高齢化において必要不可欠で、求人募集を積極的に行っています。仕事をする時は積極的にコミュニケーションをすることが求められるため、人と接することが苦手な場合には克服することや相手の要望などを確かめて対応できるようにすることが求められます。
ヘルパーとして働く場合は施設に応じて勤務時間や仕事内容が異なり、勤務時間が変動する可能性が高いため臨機応変に対応できるようにすることが大事です。自分に適した仕事を探す時は最新の求人情報の内容を確かめ、仕事にやりがいを感じて働けるようにコミュニケーションをしやすくする必要があります。
ヘルパー求人はインターネットを使うと幅広い情報を検索でき、地域によって募集の状況が異なるため需要が高ければ探しやすいためやりがいを感じて働けるようにすると効果的です。介護関係の仕事は人との接し方が重要なためコミュニケーションをすることに慣れるように努力し、金言関係を良くすることを心がけるとやりがいを感じるため同じ職場で長く働けます。
ヘルパーの仕事の需要は高齢化が進む地域において高く、自分に適した職場を選ぶ時は体験談などを参考にすると探すきっかけをつかめるため今後の人生に役立てるように決める方法が最適です。介護の仕事は人との接し方を通してコミュニケーションの手法を学べるため、今後の人生に役立つために人気があります。

続きを読む≫ 2016/03/06 17:55:06 09

ヘルパーや介護福祉士の仕事が大変なのは、自分の思い通りにいかないからだと思います。自分の思い通りに仕事ができればそれだけストレスはないわけですが、ヘルパーや介護福祉士の仕事はそういうわけにいきません。なぜなら、相手にするのは生身の人間だからです。

 

こちらがいくら頑張ろうと気合を入れて仕事に取り掛かったとしても、その心意気が相手に伝わるとは限りません。また、伝わったとしても相手を逆に委縮させてしまうかもしれませんので、むしろやる気よりも接しやすい雰囲気を伝えたほうが仕事ははかどりやすいです。もとよりどんどん働けば働くほど成果が出るという類の仕事ではありませんので、その辺の精神的なバランスを整えていかなければ上手くいかないで空回りしてしまうことも十分考えられます。

 

そんな仕事の環境がありますので、ヘルパーや介護福祉士の仕事に向いているのはどちらかといえば穏やかでのんびりとした性格の人だと思います。実際に私の周りで長くヘルパーや介護福祉士をしている人にはそういう性格の人が多く、辛抱強くて何事も受け流せる長所が仕事に役立っています。それは偶然なのかもしれませんが、ヘルパーや介護福祉士の仕事をする上で必要な素養なのではないかと思います。

 

粘り強く仕事を続けていけばやりがいを見い出すことができて頑張れるかもしれませんが、それまではとても大変です。ですので、ヘルパーや介護福祉士の仕事を続けるには根本的な性格の部分がとても大きいのです。

続きを読む≫ 2016/02/25 15:11:25

約10年前にヘルパーの資格を取りました。
福祉の仕事に興味があったのと、当時結婚を控えていて登録スタッフとして短時間でも働きやすい仕事だと聞いたからです。
介護というと施設や訪問などでの高齢者介護の仕事をイメージすると思います。
私も同様で、ヘルパーとしてテキストで勉強することはやはり高齢者に関することがほとんどでした。
しかし、実習でたまたま行った訪問介護の事業者がたまたま移動支援(外出支援)を多く受け持つところでした。
移動支援とは、障害を持つ方の外出を支援する仕事です。
買い物に付き添ったり、散歩など、余暇を充実させる活動です。
私が研修で同行させてもらったのは小学1年生の男の子で、一緒に公園で遊びました。
知的障害のある子だったのですが運動機能は問題なく、走ったり遊具で遊んだり、活発に楽しく遊んでいて、一見障害があるようには見えません。
けれど言葉やコミュニケーション面の障害なので、ひとりで遊びに行くことはできず見守りが必要です。
また障害のある子の保護者は小学生以上になっても常に付き添っていなくてはいけないので、保護者の休息のためにも必要な支援だということがわかりました。
私はヘルパーとして子どもに関わる仕事もあるのだということがわかり、またその男の子と公園で遊んだ体験がとても新鮮で楽しいものだったので
その後はヘルパーとして移動支援の仕事を選びました。
ヘルパーの仕事をはじめてみたけれど自分に向かないかも知れない…などと悩んでいる方がいたら、ヘルパーの仕事も高齢者介護に限らず
多種多様なので、いろいろな分野を経験してみると良いと思います。

続きを読む≫ 2016/02/24 17:29:24 04

介護福祉士として働いていると、後から入職をしてきた後輩を指導することがあります。
その後輩が入職をしてきてくれることは、とても嬉しいのです。

 

仕事内容がその分、分担されるので、楽になるということがあります。
今まで一人で行っていたことを、二人でできると思うと、とても嬉しいのです。

 

その一つに体位変換などがあります。
重い入所者の方を行うのは、とても大変なのです。
そんな時、一人で行うよりも二人で行うと、ぐっと楽にすることができます。
また入所者を移動させるときも同じことが言えます。
腰が痛くなる程、辛いと思うこともあります。
そんな時に、二人で行うことによって、簡単に移動をさせることができるのです。

 

そのことから、入職をして来るたびに、その入職者に期待をしているのです。

 

その入職をして来る人のなかには、私よりもかなり、年上の方もいます。
そしてその方に指導をする時には、とても気を使って行うことになります。
もしも、私の指導のせいで辞めることになったら、申し訳ないという気持ちになるからです。

 

そのため、指導を行う時には、やめないで欲しいと言う気持ちを込めて、丁寧に行うようにしています。
しかし、そのような気持ちで行った時でも、やめていく人もいます。
そのようにやめていく人がいる時には、私の指導の仕方が悪かったのではないかなどと、反省をすることもあります。

 

人が残って行かない限り、職場は厳しい状況があります。
なんとか残って欲しいと願っているところです。

続きを読む≫ 2016/02/20 16:13:20 04